気付けば子育て後半戦(兄の大学受験編)

息子娘の大学受験が気になる父。嫁への不満は書かない予定。

カテゴリ: 女子高生活

家の中のあちこちで勉強するスタイルの兄は、先日例によって妹ちゃんの机を占拠して授業動画を見ていました。

当然妹ちゃんは机を追い出され、しばらくその辺でゴロゴロしていたわけですが。。。

大体普段であれば、まあ気長に兄がどこかに移動するのを待つのですが、何しろ妹ちゃんも中間試験が迫っています。
ちょうど妹ちゃんが勉強を始めようとしたタイミングで兄に机を奪われたらしい。
とはいえ何か計算問題に没頭している兄に強く言えなかったらしく。。

結局気づいたら妹ちゃんが兄の部屋に行き、兄の机の上に教科書だのを広げていました。

つか兄が自分の机をあまり使わないのは、要するに机の上も部屋全体もまるで片付いておらず、そもそもノートを広げるスペースも無いからです。。。

なので仕方なく妹ちゃんは兄の机の上を片付けだし、拭き掃除まで始める始末。
(これ、試験前になるとなぜか部屋の掃除が捗る例の法則だな)

頑張ったかいあって、妙にスッキリした机の上でしばらく勉強してました。
もっともすぐに兄が移動してきましたが、、、、兄はすっかり片付いた机でまた別の動画を見ていました。
妹ちゃんは他人の机ではどうも落ち着かないらしく、すぐに自分の机に戻りましたが、、、
なんか妹ちゃんタダ働きじゃね?

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


妹ちゃんの高校はまだ授業が始まったばかり、しかも中高一貫校で中学と高校が同じ敷地にあるので、中高6学年での分散スケジュールになっており、登校の間隔が妙に広いです。。

そんなにリアル授業もない中、そろそろ定期試験が始まります。

つかもう? 新学期になってからほとんどまともに授業ができてないだろ。。。
とはいえ、カレンダー上ではそういう時期なのです。

さて妹ちゃんは、中3の3学期あたりから一部の科目での成績が危機的状況になっています。
具体的には数学なのですが、ハタから見ていてつまずき方が尋常じゃないので、ちょっと父が付いて弱いところを見直そうと思っていました。

むろん本人はそんなのイヤがるので(自力で勉強したがる。それ自体は立派なことです)、中3の学年末試験の成績を見て、と考えていました。
そこでかなり悪い点数を取ると想定できたので、それを口実に父が介入予定だったのです。

が、ご存知コロナ騒動で期末試験がありませんでした。

一応、休校期間中は、うまいこと言って父と数学を軽く復習したのですが、不十分感は否めませんでした。
あまり父が口を出そうとするとイヤがる訳です(当然ですw)

さて明けて高1の最初の定期試験。

残念ながら数学の点数は、おそらくかなり不満足なものになるはずです。
本人は相応に頑張って勉強していますが、努力量に見合う成果を得ていないと感じます。

今度の試験の後、テストの点数を口実に、妹ちゃんの数学に父が介入する予定です。
ここで、つまづいた場所を何とか埋める必要があります。

とはいえ妹ちゃんももう高校生です。
中学受験の時のように、父と二人三脚で勉強、というわけにはいきません。
それで一時的に成績が上がっても、また同じ事の繰り返しになります。

妹ちゃんは、苦手科目(まあ数学)を自力で学んでいく方法を身につける必要があります。
妹ちゃんの数学の勉強を見ていると、勉強の仕方がわかってないと感じることが多いのです。

しかしある意味、勉強の仕方を教える事は、勉強を教えることより難しいです。
実際、父は妹ちゃんの数学に関しては、過去それに何度も失敗してきているのです。

何とかしないとなあ。。。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

昨夜、妹ちゃんが風呂に入ってる間に、兄と(嫁も)雑談。

妹ちゃんは数学の課題をやっていて、時折兄が見たりもしています。
で、兄目線では、妹ちゃんの数学がヒドイらしい。。。

「いやいくら文系でもこれはマズイってレベル」

まあ兄は理系なのでちょっと割り引いて聞くにしても、確かにちょっと、、、、
中3の3学期あたりから明らかに授業についていけてない感じではある。

嫁は数学だけでも塾とか行かせる? みたいに言うものの、、、
これ塾でどうにかなる問題じゃないというか、「塾が何かを解決してくれる」と考えるのは危険。
父は休校中、ちょっと妹ちゃんの数学を見ていたので、つまづき具合がわかりますw

実際、数学に関しては、3学期の模試で壊滅的な成績をとり、ちょっと父と数学の復習もしたのですが、、、、
教えれば一応解けるようになるのですが、ちょっと間をおくとできなくなる。
ちゃんと覚えていないというより、式の意味をわかってないのですよね。

今回の課題で改めてわかったのが、「関数」という概念自体がわかってないらしいこと。
確かに妹ちゃんが本格的に数学につまづいたのは、二次関数のところなのですよね。
そこで転んだまま立ち上がれていない状態、、、

そういえば、中学受験の算数でも一番苦労したのがこの部分でした。
(むろん算数では「関数」という概念は出てきませんが、事実上それをやってますよね)

救いは、本人が諦めてないというか、それなりに頑張って勉強しようとしてるところです。
そういう意欲があるウチになんとか。。。

つか妹ちゃんは、休校中のオンラインの物理の授業で「加速度」を習ってました。
どう考えても関数の知識が必要で、これ絶対ヤバい。。。。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

妹ちゃんの学校は、最寄り駅から結構急な坂や階段を上った先にあります。
父も学園祭など、何度も通ったことがありますが、特に階段がきつい。

別に丘の上にある学校でもないので、別ルートを通ればそう大変でもないのですが、生徒は駅からの登校ルートを決められているのです。
(近隣住民への配慮でしょう)

妹ちゃんの学校も既に分散登校が始まっていますが、休校中ダラダラ過ごして体力が落ちている上に、東京の連日の夏日のお陰で、もう学校に行くだけで息も絶え絶えのようですw

妹ちゃんは昼ごろの登校になることが多く、気温が高い上にマスクまでしてますから、熱中症寸前だそうでw、教室に着く頃にはグッタリ、、、

妹ちゃんは入学時からこの階段に文句を言っていますが、特にマスクをして上ってみるとヤバイくらいにキツイとw

ただ確かに、常時マスクをしているとなると、これからの季節、いろいろキビシそうです。
父も通勤時にマスクをしていますが、ここ数日、普通に歩いているだけでも汗が出てきます。。
まだ6月の時点でこれでは、夏になったらどうなるのでしょう?

特に子供らは、たぶん夏休みが短くなり、炎天下の登校日が増えるはずです。

夏休みの短縮には妹ちゃんも文句を言ってますが、休みが減るというより、炎天下にあの階段を上らなければいけないことに憤っています。

「真夏にあの階段とかムリ」

どうも毎夏ごとに、あの階段にはツライ思いをさせられているらしい、、、

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

妹ちゃんはまだ学校に行ってません。
分散登校なので、学校は始まってるのですが順番が来ないらしい。

で、ここに来てなんか足りないものがあると騒いでいる。
学校指定の制服の一部(リボンとかか?)が見当たらないらしい。。。
あるいは高校用のものを買い忘れたとかかもしれない。

急いで友達にLINEすると、それを買うには新宿まで行かなければいけない。
しかし妹ちゃんは新宿にはほとんど行ったことがなく、両親も行けないので、兄を付き添わせることに。

いや兄ももう学校始まってるんだけど、、、、と思ったが、まだ午前中だけで帰ってくるのです。
なので、兄には申し訳ないが、妹ちゃんと一緒に新宿に行ってもらうことに。

渋谷新宿などの盛り場wにはよく中高生が遊びに行ってる印象がありますよね。
ただ(自分のころを思い出してもそうですが)中高生くらいの年齢だと、実は行動範囲はかなり狭く、普段は決まった場所以外にはなかなか足を延ばさないものです。
そもそもお金が限られてるし。
友達と繁華街に行っても、いつも同じ場所にしか行かない。
(だからこそ学生は感染症のクラスタの原因になりにくい。行く場所も会う人も実はすごく限られてるのです)

妹ちゃんも友達とたまに新宿に行った事があるはずですが、知ってる範囲は限りなく狭い。
父などが、

「その場所なら駅を出てこっちに行ってあのビルの横を~」

などと説明しても全然通じません。

なので妹ちゃんはもう高校生ですが(まだ高校に通ってませんが、、、)、ちょっと一人で行かせるのは不安です。
まあ兄も不案内でしょうが、二人いれば何とかなるでしょう。

むしろ今や新宿はすごい密な状態な気がするので、そっちの方が心配。。。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

このページのトップヘ