気付けば子育て後半戦(兄の大学受験編)

息子娘の大学受験が気になる父。嫁への不満は書かない予定。

カテゴリ: 雑記

東京は新規の感染者が目に見えて減少しています。
長期にわたる外出自粛の効果が出てきているのでしょう、もうひと頑張りという感じですね。

とは言え、個人でやってるような小さな商店や事業主などは、月を超えてそうとう厳しくなってるようです。。。。
これ経済に与えるダメージが大きすぎるのでは、と感じ始めています。

こういう場合、まず弱いところから犠牲になっていくのは世の常で、これコロナとは別の社会問題として尾を引きそうです。

父は個人的には映画ファンなので、特に都内の小規模な映画館、ミニシアターや名画座のようなところのうちのいくつが、このコロナ禍を乗り切れるか非常に心配しています。。。。
地方によってはすでに映画館は再開しているところもあるようですが、都内はまだ無理でしょう。
父の数少ない趣味が、、、、

ただこれは映画だけじゃなく、多くの業種について起こりそう。
体力のない、規模の小さい事業主体は淘汰されるか、あるいは相当に衰弱するのでは?

危機の時に一部の大手?に収斂し多様性が失われるのは当然です、というか、だからこそ平時の多様性が重要なわけです。
このような危機に際して一部でも生き残れる可能性が高まるからです。

だから危機の結果から得られる教訓が、生き残ったものこそが正しかった、であれば誤りです。
多様であるからこそその一部が生き残れたので、生き残ったものがあらかじめ正しい選択をしていたわけではありません。それは転倒した理屈です。

我々が多様性を擁護する必要があるのは、(何度も言われているように)社会を強くするためです。
その意味では、コロナ後に必要なことは、うまくいった企業や国をみんなが真似するのではなく、多様であることです。
小さな映画館や劇場、個人経営の商店や居酒屋は消え、AmazonやNetflixやマクドナルドだけになったらマズイのは、退屈だからではなく脆弱だからです。

、、、まあ理屈はともかく、今危機に瀕しているらしいミニシアターをなんとか買い支えよう。。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

ウチラ夫婦はここ2年、子供の進路(特に兄の大学受験)について時間を取って話すため、定期的に近所の小洒落たカフェに行ってます。(通称オサレカフェ)
まあ家で話してもいいのですが、何となく気分を変えるためです。

ところが最近の自粛要請のおかげで、そのカフェもテイクアウトしかやらなくなってる。
しかもなんかピザみたいのを売ってるらしく、、、そもそもピザなんて置いてたっけあの店?

飲食店は厳しい状況が続きますが、あの場所がなくなるといろいろ困るな。。

節目節目にあの店で兄の受験の方針のチェックをし、妹ちゃんの成績に関する危機感を共有してきたので、そこに行けなくなって逆に子供の勉強に関する突っ込んだ話ができなくなってます。
(どうなんだそれは。。)

場所が変わる効果なのかもしれませんが、ウチラ夫婦も結構そこでは率直に意見を言い合えたりするのですが。。。

もっとも本当の問題は、学校が再開されず模試などもほとんど行われていないことです。
そもそも何か話そうにも、兄の現状が把握できません。
休校以降、新しい情報がないのです。
まるっきり何もなく放り出されているようです。

GWが明けて久々に出勤しましたが、周囲に何人かいる子供が大学受験を控えている親達は、いずれもこの状況に非常に焦ってました。
ウチの兄はある程度受ける大学は決まってますが、この時期にあるはずだった模試の結果で、受ける大学を判断する予定だった人もいるわけです。

いま、受験生の親はそれぞれに途方に暮れてるでしょう。
ただでさえこの世代は、数年にわたって文科省にいろいろと振り回され、挙げ句にこのありさまですからね。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

緊急事態が延長され外出自粛や都内の休校は今月いっぱいは覚悟しなければならなくなってます。
さすがにこれは子どもたちにとって厳しいな。。。

最近は近所に買い物に出るくらいしか外出しなくなってますが、、、
道端や公園に花が思いっきり咲いていたりするのを見ると何か不思議な感じがします。
住宅街でさえ異様に静かで人影が少ないですが、季節は5月で、そりゃいろんな動植物は元気いっぱいですよね。
人間はひっそりと元気なく、まるで人間社会にだけ春が来ていないようです。

兄は時折あてもなくブラブラしたり自転車に乗ったりしてるようですが、気持ちはわかります。
ずっと家にいると気が滅入ってきますよね。

ただ聞くと、なんかやたら警官に止められ職質されるらしいww
兄は最近髪を切ってやたら爽やかな感じになっており、怪しい雰囲気は醸し出してないはずなのですが、、
警察的には「用もないのに外出するな」的なニュアンスなのでしょうか?

一方妹ちゃんはそもそもインドア派なせいで、非常に生き生きと快適に毎日を過ごしてますw

とはいっても、基本的に変化の無い毎日がずっと続いています。
GW開ければ、、と思っていたものの更に1ヶ月近くの延長となり、多分生理感覚的にはこの休みはいつ果てるともしれない長い時間に感じられてるのでは??

あまり家に長くいると子供のメンタル面が心配になってきますね。

この休校がGWを超えても続くかもしれないと予想したとき、誰でもアタマに浮かんだだろうアイデアに「9月新学期」があったでしょうが、実際そういう声が出てきました。

世界的にも学年が9月開始というのはスタンダードに近く、日本もいつかはそれに合わせる必要があるのではないか、とみんな漠然と考えてはいたでしょう。

ここまで4月開始が遅れたのだから、この際9月開始で一気にグローバルスタンダートに移行すれば色んな意味で一石二鳥では? とかつい考えちゃうんでしょう。

、、、いやそりゃ考える分にはいいんですけど、まあ実際には現実的ではないでしょう。
なら政治家が適当に「選択肢を検討」とか言うなつーの。(首相ね)

そりゃ色々検討はするだろうけど、可能性が低いならまず後ろ向きな姿勢を見せようぜ。
こういうドサクサにやることじゃないだろ、つかそんな余裕あんのこの国?

最近の様々な例からわかる事は、もうこの国はエイヤで何かを急に変えられるほどシンプルでもなければ強靭でもないということです。
つかウチラ大学受験を控えた子の親こそそういうのに振り回されてたばかり。。。

長期的で詳細な計画に基づかないと、高度で複雑な(そして脆弱な)この国で何かを大きく変えるなんてできません。

現在の政府にはその理解が無いのではないかと思わざるを得ませんね。。
9月新学期自体はだいぶ前から検討はしていたようですけど。

どうせ具体的な準備なんてしてないだろ。

どうも現政権は(つか首相の個人的資質ではないかと思ってるのですが)、ギリギリまで手の内を隠そうとする傾向があります。
何を聞かれても実質的に無内容な返答しかせず、あるとき自分達だけで決めたことを始めちゃう。
秘密主義というより、単に批判されるのがイヤなのでしょうが、そういうサプライズってやられた方は大抵迷惑なだけだから。。。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

父は週に何日か、自宅でのテレワークになってます。
そこに加えて今日は嫁も在宅での仕事となりました。

特に嫁は家にいてもあまりできることがないので、何回かの電話での連絡に対応したくらいで、あとはテレビを見たりゲームをしたり昼寝(これはさすがにヤバイのでは??)したりしてました。

さらに当然家には兄と妹ちゃんの休校組が居残っており、、、、
真昼間から家族が全員揃い、なんというか普通の日曜日状態に。
気分は完全に休日モードですw

まあ子供たちにしてみれば、両親ともにそろっていてウザい感じかもしれませんが。
せっかく両親がいるのに、一応親は「勤務状態」なので、家事は子供たちでやることに。
(いやお母さん寝てるだけじゃん、、と内心思っただろうが。。)

しかし、、子供たちのオンラインの授業も、親のリモートでの仕事も、実際やってみると効率という意味では非常に悪いですね。
それでも親の方はちょくちょく職場に行くのでいいのですが、子供の勉強一体どうなるのよコレ、、、、

このページのトップヘ