気付けば子育て後半戦(兄の大学受験編)

息子娘の大学受験が気になる父。嫁への不満は書かない予定。

カテゴリ: 雑記

もう近場ではどこに行ってもマスクが売ってない状態です。
しばらくこんな状態が続きそう。。。

もっともウチは運のいいことに、花粉症の嫁が常時マスクを大量にストックしており、特に困ってません。
もっぱら嫁と妹ちゃんが使ってます。

都内にもコロナウィルスの経路不明の感染者が複数出ていることもあって、世間的にはちょっと過剰反応気味かと感じます。
まだそんなに騒ぐことでもない状態でしょうが、いかんせん横浜のクルーズ船の印象が悪いですね。
連日観戦者が何十人の単位で出つづけてます。
毎日ニュース見てたら、もう日本はダメだウィルスがそこらじゅうに迫ってる、と感じてしまいますww

実際にはクルーズ船から直接外には出ていないので、「隔離」自体はうまくいってるわけです。
もっとも、政府は乗客を船内に閉じ込めておいてどうするつもりだったのか? という疑念はあります。具体的な対策の見通しが今もって全く語られていないですからね。

箭内に閉じ込めておけばそのうち自然に収束すると踏んだのでしょうか? 
だとすると完全に見込違いで、ウィルス感染の拡大という事態に政府は無力だ、という悪い印象を多くの人が持ったかも知れません。

おまけに政局的にかなり政府に不利な状況が重なってて、政権的には踏んだり蹴ったりでしょうw

ちなみにそろそろ花粉が飛びはじめているそうで、花粉症の人もしばらくマスク不足に不安な思いをすることになりそう。
身の回りをみても(嫁もそうですが)、今マスクをしている人は、花粉症対策でマスクを溜め込んでた人が多いみたいです。

ただ花粉症のマスク、果たしてウィルスに効果あるんだろうか? 花粉とウィルスでは大分サイズが違いますが、、、


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

ここ数日、いろんな事が起こってニュースになってますね。
野村監督がサッチーの元へ行き、マッキーが逮捕され、国会はもうグダグダな上に、コロナウィルスがなんだか首都圏に出回ってるらしいと、、、

そんな中の受験シーズンですが、どうも首都圏の私大は予想ほどには難化/狭き門とはならなかったのかな?
兄が来年の受験予定なので気になります。

今年倍率が高くなかったところは、一般的に翌年は受験生が殺到しがちですしね。

兄はあまり受験の実感がないようです。
考えてみれば高校受験を経験しておらず、ピンと来ないのかもしれません。
兄の高校は大学の付属なので、多分教室内も受験モードになることは無いでしょう。
生徒の多くが推薦で大学に進むからです。

ちなみに兄は件の槙原の古い曲が好きで、最近は「どんなときも」を連日口ずさんでいます。
それってもう20年以上前の曲だよね。。どちらかというとウチラ親世代のヒット曲です。

なんか、兄や妹ちゃんの受験や勉強のことを考えていると、どうしても自分の中高生時代を振り返る機会が増えています。
もう時代が違っていて、我々世代の常識が通用しないことも多いのですが、それでも自分がかつて何を考えていたかを思い出すことは、現在の子供達の考え方を想像する上で役に立つと思うからです。

自分がかつて聞いていた音楽を思い出したりとか。

そういう意味では、なんかここ2、30年くらいのJPOP、あんまり変化してなくない?と思わないでもないです。

父が高校生の頃、20年前のヒット曲に興味を持ち聞くなど考えられませんでしたが。
まあ、今はネットのおかげでどんな時代の曲へのアクセスも簡単になりましたしね。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

いやそうですか。
アカデミー賞獲っちゃったかー「パラサイト 半地下の家族」。

この映画、そのうち兄と一緒に見にいこうと思ってたんですが(父はポン・ジュノ監督のファン)、公開前後から話題になり、とうとうこんなことに。

意外に話題になってたので、多少鎮静化してから行こうかと思っていたのですが、これでまたしばらく映画館が混むのだろうか?

兄とは実は、先の日曜日に行こうと思っていたのですが、嫁が急遽出勤となった上に妹ちゃんがインフルで倒れ、まさか妹ちゃん一人置いて行くわけにもいかず中止。
で、次の日曜日はというと兄が漢検だ。ぐぬぬ。。

実は父はまだ兄に一緒にこの映画を見に行こうと誘っておらず、ストレートに言っても多分興味を持たない気がする。
(ここまでモタモタしたのは、兄の興味をひく文句を考えあぐねていたせいもある)

以前も別の韓国映画を見に行こうといった時も、「いやオレ韓国とか興味ないし」とニベもなく却下され、結局地味な古い邦画を見ることに。
(いや映画マニアの父はそれでも全然OKなんですけどね。兄がつまらんだろうと、、、)
そういった意味ではここで天下のアカデミー賞を獲ったのは、絶好のアピールポイントだな。

父は地方出身なので身に沁みて実感するのですが、東京はオタク/マニアにとっては夢のような環境です。どんどん地下深く掘って行けるw

父がときおり兄を誘って行く映画も、いわゆる普通の映画館で上映される普通の映画ではありません。
美術館だったりミニシアターだったりでやってるマイナーな映画です。
普通のロードショー映画なら友達とでも見に行けばいいのです。

兄は別に映画に興味があるわけではなく、ただ珍しいからついて来る感じなのですが、父からするとこういう東京の「地下」、地方にはない場所に簡単に行けるのは、東京に住んでるメリットです。
たとえ映画に興味などなくてもです。

オタク気質の父と比べ、兄はそういうケがありませんw
別に引きずり込もうという気もありませんが、こういう「地下」を自分の中に持っている事は、10代にはあってもいいと思うのですけどね。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

今週末あたりから東京の中学受験本番ですね。
父などはかつての兄、妹の中受を思い出し胃が痛くなる感じですよ。。。
特に妹ちゃんはギリギリな感じの受験だったので、精神的にかなり追い詰められました。
受かって良かった。。

当然ウチの子らの学校も、この受験期間中は休みです。
ちょっと前魔でこりゃラッキーなどと言っていましたが、兄のほうはどうも試験の手伝いに駆り出されるそうで、日曜も学校に行くことに、、、
クジに外れた(当たった?)らしい。

確かに当時を思い出せば、試験会場には在校生とおぼしき礼儀正しい生徒たちがいましたね。
あの役か。
たしか去年は妹ちゃんもこの役をやってたはず。

ウチの子らの受験が終わって、もう中学受験情報など見向きもしなくなってしまったので、今年はどんな様子なのかも知りませんが。

保護者も相当に緊張している時期でしょう。
よく中受は「親の受験」と言われますが、実際、親としての取り組みの成果?が厳しく問われるかのように感じたのを覚えていますよ。

ただ我が家に関して言えば、兄は第一志望を落ちて今の学校に進みましたが、結果的に良かったと感じています。
そういうこともあるので、あまり自分を追い詰めず、、、、と言っても無理ですよね当事者には。。。


最近嫁が忙しく、実は父も忙しいです。
父の忙しさは一時的なものと思われるのだが、嫁がどうも恒常的に忙しくなっていきそうな予感です。。。。

嫁は昨日も想定外に残業となり、結局、子供達の夕食を作ることが出来なかったそう。
(父の帰宅は更に遅い)
もっともこんなこともあろうかと、嫁はかねてから兄に料理を仕込んであるのでw、兄が急遽適当に夕食を作ったと。

父が帰ってみると、確かに兄の作った豚キムチが残っており、食べてみると普通に美味いw
この対応能力、スゴイな兄。。。
ちなみに妹ちゃんはキムチが食べられないので(辛いのが苦手)、文句を言ってましたが。

休日などには父も普通に料理をしますが、ここ最近は兄も一緒に作ってました。
本人も意外に料理が嫌いではないようで、今回のような場合にはクックパッド見ながら何か作ったりします。
これで家族4人のうち3人が計算できる戦力にwなってきたので、あとは妹ちゃんだな。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

このページのトップヘ