気付けば子育て後半戦(兄の大学受験編)

息子娘の大学受験が気になる父。嫁への不満は書かない予定。

カテゴリ: 家族生活

なんかちょっと前から悪寒がする。
オレの周囲に(家庭・職場環境的に)風邪やインフルに罹ってるひとはいないし、これは通勤電車でうつされたか?

こういう状態だと触れたくないニュースだが、コロナウィルスじゃね? そういえば地下鉄に中国人旅行者とか見かけるな、、とか、などと妄想が。
兄も先日、通っている東進の教室の付近?で、コロナウイルスの感染者が確認されたとかいうニュースを聞き、嬉々として

「東進行ってる場合じゃなくね? オレ行かんわ」

と両親に訴えていましたが、結局行きました。
(最近兄は自分を「良い意味で口だけで実行しない男」と言ってるww)

しかし中学受験のこの大切な時期にこんなのが流行するなんて、受験生の親は気が気じゃないでしょう。
しばらく沈静化は先のようですしね。。。

しかしそんなことより父の悪寒の正体が新型肺炎でないかどうかが目下の問題。
熱っぽいだけでセキとかはでてないが。。。

最近嫁が忙しく、実は父も忙しいです。
父の忙しさは一時的なものと思われるのだが、嫁がどうも恒常的に忙しくなっていきそうな予感です。。。。

嫁は昨日も想定外に残業となり、結局、子供達の夕食を作ることが出来なかったそう。
(父の帰宅は更に遅い)
もっともこんなこともあろうかと、嫁はかねてから兄に料理を仕込んであるのでw、兄が急遽適当に夕食を作ったと。

父が帰ってみると、確かに兄の作った豚キムチが残っており、食べてみると普通に美味いw
この対応能力、スゴイな兄。。。
ちなみに妹ちゃんはキムチが食べられないので(辛いのが苦手)、文句を言ってましたが。

休日などには父も普通に料理をしますが、ここ最近は兄も一緒に作ってました。
本人も意外に料理が嫌いではないようで、今回のような場合にはクックパッド見ながら何か作ったりします。
これで家族4人のうち3人が計算できる戦力にwなってきたので、あとは妹ちゃんだな。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

結局こんなこと言ってましたが、家族で嫁の母(子供達から見たらおばあちゃん)の見舞いに行ってきました。
電車を乗り継いで結構遠かったですが。

まあ話の流れで、嫁の兄家族とも合流し、一緒にお見舞いしました。
嫁兄家族には今年高3の男子もいるので、お年玉を用意してと、、、

ウチの子供らは、おばあちゃんが好きなので久しぶりに会えてよかったです。
気分的に沈んでるとかも無く元気で、体調も良さそうで安心でした。

で、ゴタゴタしている兄夫婦は亀裂が決定的で、突っ込んでは聞けなかったが書類上は離婚しているらしい。(ばあちゃんには内緒)
我が家から病院までも距離も結構ありましたが、この夫婦の距離はそれ以上な感じ。。。

表向きは夫婦らしいやり取りをしているのですが、なんというか心が通ってないよ。

しかし個人的に見ていて辛かったのは長男君。
本来今年高3で大学受験の年齢ですが、、、実はすでに高校を中退しており、高卒資格を取れる学校で通信教育中とか。。。

長男君の所在無げな、心許なげな佇まいは、どう考えたって両親の関係の影響だろ。
彼はみんなといてもずっとイヤホンで音楽聞きっぱなしだったぞ。
反抗期とかじゃなくて、普通に心閉ざしてるじゃん。。。

自分も人の親として、そういう子供を見るのはつらい。特に長男君は、それこそ保育園の頃から知ってるしな。。。

兄夫婦は二人とも、自分たちの置かれた状況に呆然としている感じで、お互い自分の事で精一杯いな感じ。
お互い「なんでこんな事になってしまったんだろう」な感じで、長男君にまで気が回らないのかもい知れない。(ちなみに親権は父親)

帰りには、どういう理由があるのか知らないけど、兄家族は3人がバラバラの駅で降りていきました。。。。

もう歳も押し迫ってきましたが、ウチでは例年年初に訪れている嫁の実家に、今年(というか来年)は行くかまだ決まってません。

つか嫁の実家は同じ都内なので、まあその気になれば1時間程度で行けてしまうのですが。
実家といっても父親はもうおらず、嫁の兄が事実上の家長という感じになっており、しかもその息子が今年大学受験だと。
どこを受けるか詳しいことは聞いていないのですが、さすがに受験だし控えるか? みたいになってます。

実はそのほかにも嫁の実家は夫婦間にゴタゴタもあり、嫁の母も倒れ(現在入院中)、行きにくい雰囲気なのです。子供の受験を口実に今年はちょっと、、、みたいな方向で。。

子供にとってはお年玉のもらい先が減りますがw、むしろウチラ家族で倒れた嫁の母(ウチの子供から見たらおばあちゃん)の見舞いにでも行くかもしれません。
どこのおばあちゃんもそうでしょうが、やはり孫はとにかく可愛いらしく、行くとなんか元気な感じになるので。

一方父の実家は北海道なので、こちらには本当にご無沙汰です。
兄と妹の中学受験だの、父が忙しかったりだので、最近家族で訪れてない。。

つか費用も桁違いにかかるしw、兄が大学生になったら一人で行かせるか、などと考えています。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

先日父が買ってきた英検のテキストを手に、スマホで無料漫画みてる妹ちゃんに勉強をさせようとしていた矢先、兄が自室から出てきた。

なんでも話を聞くと、先の東進の模試の結果が出たとかで、WEB上で確認したらしい。
結果はというと、兄もトータルで前回と比べてどうだったとかはまだ見てないものの、英語が予想外によかったらしい。
「オレ凄くね?」というので聞いてみると9割取れてたそうな。

どうした兄? ついに本気出す日が来たのか? 英語サイヤ人が覚醒したか?

他の教科について微妙に濁していたのが気になりますが、あまり得意でない英語(去年くらいまでは苦手意識もあった)でそれは大したものです。

とはいえ落ち着いて考えてみれば、過去の兄の成績の推移からは今回の結果はちょっとマグレくさいw
問題がさほど難しくなかったのか、たまたま兄の得意分野ばかりが出題されたのかもしれません。
あるいは本当に偶然ということも、、、
(兄は試験で手応えがあった場合は普通に「出来た」と言います。でも今回は言ってなかったので、たぶん偶然の要素が強いかも、、、)

その時は「すごいじゃん兄」と妹ちゃんと口々に言ったのですが。
正直に言うとその時父は妹ちゃんの英検の勉強の方に意識が行ったままで、その話題は早々に切り上げてすぐ妹ちゃん英検モードに移行しました。


後になって考えてみると、兄はもっと褒めてほしかったのでは?
兄が自分から試験の結果を言ってくることはあまりありません。でも今回はちょっと前まで苦手にしていた英語での好成績ですからね。
そう思い当たった時には、兄はもう寝てました。

ちなみにこの時、嫁はコタツで寝ており。。。。
なんというか兄としては張り合いがない、と感じたかも知れません。

嫁は人を褒めるということが絶望的にヘタで、そっち方面は父が主に引き受けて来ました(父の主観的には)。

一方で、高3になろうかという男子を、男親が言葉で褒めるというのは簡単ではありません。
(簡単にできる人もいるでしょうか。。)

たぶん模試の結果は後日郵送されて来ると思うので、その時に何か気の利いた言葉を言わないと。。。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

このページのトップヘ