気付けば子育て後半戦(兄の大学受験編)

息子娘の大学受験が気になる父。嫁への不満は書かない予定。

カテゴリ: 男子高生活

兄もいよいよ高3だし、今後は受験に向けて東進の模試もちゃんと受けていこうと(父が個人的にw)心に決めたわけですが。

さっそく1/18の東進の模試(まあセンター試験と同日のヤツですね)があるわけですが、兄に聞くと「無理。受けないし」と。
どういうことよ、、、、

なんでもその日は数検がある日なのだそうだ。
ああそういえば兄的には英検よりはるかにチカラの入ってる数検があるわけか。まあしょうがないか。。。

兄の高校は定期試験も近く、また大学推薦関連の試験もあるらしく、数研もあったわけで、確かに最近忙しそうにしてる。
「英検とかやってるヒマない」との事だったが、これは別にやる気がないというより、本当に時間が無いのかもしれない。

兄の高校は大学の付属校で、多くの生徒がそのまま推薦で大学に進みます。
要するにいわゆる進学校ではないので、のんびりしてるものかとも思ったのですが、高校側としても意外に生徒に楽はさせないようです。
やらなければならない課題だの勉強だのも多くあるようです。考えてみれば当然かもしれません。

兄のように他大学を受験するかもしれない生徒は少数派で、そういう意味では受験勉強を学校側がケアしてくれないことになります。
それは最初から分かっていたことですが、、、なかなか大変かもしれない。

ちょっと前に兄が東進から、昨年暮れに受けた模試の結果を受け取って来てます。

実際のところ、だいぶ以前から結果はweb上で見ることが出来たのですが、とりあえずまとまったカタチで一覧したかったので、印刷されたものはうれしい。

すでに今回に関しては、英語が異様に良かったことは知っているのですが、兄に聞いてみると今回は英語が易しかったらしく、全体的に点数が高かったとのこと。
その分は割引いて見る必要があると。

だが、相変わらず兄は希望大学の希望学部に必要な科目を受験しておらず、判定は軒並みZ(判定不能)と来たもんだ。
つかアンタ、第一志望が文系学部で、第二、第三が理系じゃんんか。
キミ真面目に受けてる?

と、兄の現在の立ち位置を知るのにほとんど役に立たない模試の結果を見ながら、足りない部分を想像力wで補い、仮定に仮定を重ねた上で判断しています。。。

父的には、今回の模試は、兄が受験に本格的に取り組むのか、あるいは(系列の大学への)推薦でOKとするのかの節目と考えてました。

父の結論としては、これは内部推薦ではなく、それを捨ててでも(より上位とされる大学への)外部受験をするメリットが大きい成績だということです。
むろん嫁や兄本人との話はしなければなりませんが。

兄は(嫁も)模試の結果の見方もちゃんとわかっておらず、実際よりも実力を低く見積もっているらしいことも今回わかったので、そこらへんを含めてもう一度話し合う必要がありそう。

とはいえ、やはり判断材料が足りません。
模試の結果からの情報はあまりに足りなくw、父の仮定の上の想像を元に話しても仕方ないので、あと数回は、ちゃんと条件を整えて模試を受けてもらわないと、、、、

(大学入試まであと1年だっつーのに、こんなところで躓いてるウチラ家族、、、)


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

この年開けくらいから、フィクションだったり ノンフィクションだったりでなかなかハードな家族模様を立てつづけに見てしまい、気分が沈んでますw

家族が苦しい時、最も負荷がかかるのは一番弱い部分=子供になります。
いずれも高校生の男子がその負荷に晒され押し潰されんばかりな様を目の当たりにし、とりあえずウチはいろいろうまく回っていて良かったと自分の子供を見て思います。。

兄は新学期が始まりましたが、なんかあまりこの冬休みは宿題が出なかったらしい。
(妹ちゃんの中学は宿題山盛りでした)

どうしたことだ? 確か夏休みは宿題がやってもやっても終わらないくらい出ていたはずだが、、、

兄の学校は大学付属なので、いわゆる進学校とは違います。
普通の学校は、高2の冬の今頃は来年の受験に向けて火を噴くような勉強でしょうがw、やはりノンビリしているのかもしれない。
学校側から危機感のようなものが伝わってきません。
(むろんこの余裕こそ付属校の強みでしょう。ある観点からは無駄感のある受験勉強などに時間を取られずに済むわけですから)

ただ外部受験を考えている子供の親としては、このノンビリ感にはちょっとヤキモキしますね。
もっとも兄を見ていると、このペースくらいが彼の性格に合ってるような気もします。
むやみに尻を叩かれ気を急かされることもなく、自分のペースで勉強が出来ていると感じます。

が、やはりもう少し危機感というか切迫感が欲しい。

年末の東進の模試の結果は、志望大学が片っ端からZ判定でした。
Eよりさらに下じゃん、つかもうこれより下ないじゃんと目の前が暗くなりましたが、これは「判定不能」で、要するに志望校と受験科目が合ってないという意味だそう。

なにそれ自分の志望する大学に必要な科目受験してないとか、ノンビリにも程があるだろ兄。。。何のために模試受けてんだよ。。。。

とりあえず模試を受けた科目の結果から類推するに、悪くない感じで成績は推移してきているようではある。
そういった意味では一安心ですが、兄の場合は学校の環境的に「受験モード」にはならなそうなので、そこら辺がちょっと心配。。。。



にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

先日父が買ってきた英検のテキストを手に、スマホで無料漫画みてる妹ちゃんに勉強をさせようとしていた矢先、兄が自室から出てきた。

なんでも話を聞くと、先の東進の模試の結果が出たとかで、WEB上で確認したらしい。
結果はというと、兄もトータルで前回と比べてどうだったとかはまだ見てないものの、英語が予想外によかったらしい。
「オレ凄くね?」というので聞いてみると9割取れてたそうな。

どうした兄? ついに本気出す日が来たのか? 英語サイヤ人が覚醒したか?

他の教科について微妙に濁していたのが気になりますが、あまり得意でない英語(去年くらいまでは苦手意識もあった)でそれは大したものです。

とはいえ落ち着いて考えてみれば、過去の兄の成績の推移からは今回の結果はちょっとマグレくさいw
問題がさほど難しくなかったのか、たまたま兄の得意分野ばかりが出題されたのかもしれません。
あるいは本当に偶然ということも、、、
(兄は試験で手応えがあった場合は普通に「出来た」と言います。でも今回は言ってなかったので、たぶん偶然の要素が強いかも、、、)

その時は「すごいじゃん兄」と妹ちゃんと口々に言ったのですが。
正直に言うとその時父は妹ちゃんの英検の勉強の方に意識が行ったままで、その話題は早々に切り上げてすぐ妹ちゃん英検モードに移行しました。


後になって考えてみると、兄はもっと褒めてほしかったのでは?
兄が自分から試験の結果を言ってくることはあまりありません。でも今回はちょっと前まで苦手にしていた英語での好成績ですからね。
そう思い当たった時には、兄はもう寝てました。

ちなみにこの時、嫁はコタツで寝ており。。。。
なんというか兄としては張り合いがない、と感じたかも知れません。

嫁は人を褒めるということが絶望的にヘタで、そっち方面は父が主に引き受けて来ました(父の主観的には)。

一方で、高3になろうかという男子を、男親が言葉で褒めるというのは簡単ではありません。
(簡単にできる人もいるでしょうか。。)

たぶん模試の結果は後日郵送されて来ると思うので、その時に何か気の利いた言葉を言わないと。。。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

結局兄は次の英検を受けることにしました。
先に受けて落ちた準1級です。

前受けたときは、例の英語民間試験の関連で、高2のうちにヘタに受かってしまうと損だと考えて(別に損じゃないですがね、、、)手を抜き、一方今回、民間試験が流れたことでやる気を失っています。。。。

大学受験とは関係なく英語は勉強する価値があると思いますが、なんか英検に真面目に取り組まなくていい理由ができちゃってますw
さすがにこんな事まで文科省のせいにはできませんが、、、

英検の申し込みは嫁がやっており、嫁のスマホに最近、受けるなら申し込め受けないなら返金手続きしろ的なメールが頻繁にやって来ていたそうです。
父もすっかり忘れてましたが、たしかにナントカIDと組み合わせて大学受験に役立てるんでしたっけ?
この英検の申し込みは、ナントカIDが決まる前の仮予約だったなそういえば、、、

メールが来るせいで、ここ数日、嫁が兄に「受けるの受けないのどうするの?」としつこく聞いており、明らかに兄は受けたくないのですがw
嫁が言外に「受けるよね当然」と言っているのを兄は敏感に察知しており、テンションが上がらないままズルズル受けることに。。。

カタチだけ受けても仕方ないので、なんとか兄のモチベーションをあげることを考えないと。。。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

このページのトップヘ