気付けば子育て後半戦(兄の大学受験編)

息子娘の大学受験が気になる父。嫁への不満は書かない予定。

カテゴリ: 男子高生活

兄の通う中高一貫校は大学の付属校なので、近年の首都圏の私立大学の難化の影響で人気が上がっていて、偏差値がとんでもない事になってるらしい。

つーことは、来年入ってくる新入生はものすごく優秀なのばかりかも。
もちろんいくら高校の偏差値が上がろうが、それで自分の成績や偏差値が上がる訳でもなんでもありません。

さてそんな大学付属校に通っていながら、一応は外部受験に向けて進んでいる兄ですが。

近頃、東進ハイスクールでの兄の担当から、もっと教室に頻繁に来なさいと繰り返し言われてるらしい。
兄は真面目に授業を受けているのですが、確かにそのほとんどが自宅でiPhoneを使ってのもので、教室に足を運ぶ回数は少ないようです。

いやそれならいいんじゃね? ちゃんと授業受けてるなら。

と思うのですが、担当者はガンとして譲らず、とうとう先日は毎日来いとまで言い出してます。
東進的には、高3ゼロ学期の今の頑張りこそ、他の受験生との差をつける合格への近道なのです。担当が受験生の頑張りを全力でサポートします! 的雰囲気です。
(彼らの話を聞いてると、年中そうですがね。。。)

というかとうとう担当に直接呼び出され、何でもいいからもう毎日来てと涙目で訴えられたそうですw
(多分担当者はアルバイトの女子大生なので、兄があまりに教室に行かないので上の人に何か厳しいことでも言われたのかも。)

さすがにここまでされて拒むのも人としてマズイと思ったらしくw、今月中は毎日のように足を運ぶと言ってます。

実際、映像授業なので、教室に行こうがウチでスマホだろうが同じと兄は考えています。

で、実は両親ともそう考えており、兄に毎日塾に行けと強く言えません。。。
両親2人とも、動画で授業を受けるなんて経験したことがないので、むしろ自宅の方が集中できたりするんじゃね? などと思ってしまいます。

まあ勉強に煮詰まったりしたときなど、気分転換にいいのかもしれませんが。実際どうなのでしょうね?

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


次の日曜日は兄の漢検なのですが、そのことを父は全く失念しており、兄と一緒にアカデミー賞映画「パラサイト」でも見に行こうとのんきに計画していました。

当然映画は中止になったのですが、問題は兄すらその漢検の存在を完全に忘れてることで、つい2,3日前に嫁に

「あれ、オレにこんなもの送られて来たんだけど」

と、本人的にまるで心当たりの無い受験票を見せていました。。。

いやあんた、漢検手ブラで受ける気だろ。
せめて何か(ネットとかで調べて)対策というか勉強しろよ。こないだの英検もそうだったろ。。。

兄はこの種の検定に関して、明らかに感心を無くしてるように見えます。
まあもともとそんなに積極的ではなかったですがw、ここにきて単に「ダルい」という感じです。

そんな態度に嫁はカリカリ来てますが、父的には、これは兄が大学受験に意識を切り替えてるからだと感じています。
兄の高校は大学の付属ですが、内部での推薦ではなく、外部受験に本人が傾いて来ている。

先に兄と父で、模試の結果等から現在の兄の立ち位置を整理し、外部受験にそれなりの勝算がありそうだと確認しました。
本人がどの程度の強い意欲を持っているのかは不明ですが、それ以降は東進通いにも文句を言わなくなってます。

「本人の意思で受験を選択する」ようになる事は、ウチラ夫婦で春先から目論んでいたことなので、本人が本当に受験に意欲的であるならラッキーです。
(そもそもそのために東進にも押し込んでたのでしたw)

まあそうと明確に言ってるわけではないので、本人的には「逃げ道」を確保した状態なのでしょう。
それが心理的な安心感につながるならOKです。
兄は、自分を追い込んで頑張る、というタイプでもなさそうですし。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

妹ちゃんはインフルエンザなので現在出席停止中です。
なので家でゴロゴロしている。

一方兄はというと、通ってる高校の入試で休みと。
なんかキミら最近学校に行く頻度が低いよね。。。

高校の入試があるということは、中3の妹ちゃんの(公立中に行った)友達がまさに入試真っ最中。
妹ちゃんも多少結果を気にしています。。

うちは兄妹とも私立に進んだので、地元にはいわゆる同級生はおらず、いるのは小学校時代の知り合いだけです。
考えてみれば当然ですが、私立に進んでしまうとみんな離れたところから通うので「地元の同級生」みたいな存在がありません。
地元の顔見知りは小学校時代の友達だけですし、彼らともほとんど交流がありません。

特に兄がそうで、妹ちゃんとは2才違いなのですが、妹ちゃんが小学校の時の友達とLINEで繋がっているのに、兄の時代にはまだ小学生にLINEは一般的でなく、その後たまたま会ったときに連絡先を交換してるくらいです。
(まあ男子ということもあるのでしょうが)

そんな兄が、先日小学生の時に中の良かった子と偶然会ったらしく、ちょっと話をしたそうです。
なんでもその子は最近はギターをやってるそうで(いいねぇ若いってw)、あれその子は確かバスケが得意で、バスケでかなり「上」を目指してたはずだったけど、、、

妹ちゃん「身長伸びてた?」(妹ちゃんもその子のことはよく知ってる)
兄「いや全然。。。」

小学生の時は兄より高かったはずですが、伸びなかったらしい。
別にバスケは身長でやるものではないですが、中学高校と進むうちに、ひょっとしたらそういう身体的な限界みたいなものに突き当たったのかもしれないですね。

そういう経緯でミュージシャンになったって人は割といるのでw、彼もそのコースかも。。。

大人は、子供達を見てその可能性の大きさを(無責任に)口にしますが、自分が高校生だった頃を思い出してみても、実はもう不可能な事の方が多いのですよね。
少なくとも本人はそう感じてる。まあそれが若さですよww

父はそういう若者を見ても同情はしません。
個人的に20代になり社会に出て、実は学生の頃に感じた不可能性などそれこそ視野の狭さからくる思い込みにすぎないと実感したからです。

いや父は社会人になって本当に楽しかったのですよ。
あれ? 尾崎の言ってた事は何だったんだ? 大人の生活は灰色じゃなかったのか? と拍子抜けしたのです。
学生の頃の苦悩の多くは、単に社会人になるだけで消えます。
成長するってことは、楽しいことが増えることなのですよ。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

世間は入試シーズン真っ只中ですが、我が家ではそういう緊張感はあまりありません。

特に兄は来年の受験なのですが、特にこれといった感慨もなければ思うところもないようでw、普通に生活してます。
兄は大学付属校なので、教室内にそういう雰囲気が無いのでしょう。

兄はこないだまで、今週末にある英検を受けると思っていたのですが、実は同じタイミングで学校側でTOEICの試験があると知り、結局そっちにしています。
学校側で推奨しているのはそっちの方で、その結果は大学推薦にも参照されます。

兄はすでにこの推薦は使わず、ほぼ外部受験でいく気になりつつありますが、まあ万が一ということもあり、慎重な嫁がTOEICを推して来たのです。

今のセンター試験が今回が最後ということもあり、来年の受験の不透明さがやっぱり不安な部分があります。(兄は気にしてないようですが)
ただでさえ東京の大学は合格数を絞って来ているし、、

推薦を辞退する場合はできるだけ早く教えてくださいと学校側に言われていますが(そのぶん枠が空くわけで、他の生徒の進路に影響するから当然ですが)、兄の成績の推移を見ながら最終判断はギリギリまで後ろに引き延ばす事になりそうです。

そういえばウチの子たちの中学受験のタイミングでは、我々両親ともかなり精神的に追い詰められていた気がします。
1年後にはまたあんな思いをすることになるのか。。と思うと同時に、これが最後だという思いもあります(妹ちゃんが控えてますが)。

そう考えるといろいろと感慨深いですね。

(↑つかまだ全然終わってないぞオイ)

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

センター試験が行われましたね。
ウチの兄は高2なので、受験まで1年を切ったことになります。

兄のセンター当日は、東進の模試は受けず、学校で数検を受けてました。
数検のほうは「問題なし」だったそうなので受かるでしょう。
(兄はこの辺、冷静に自分を見ます。)

受験情報に疎い我々家族も、兄の大学受験についてはだいたい方向が決まってきました。

内部推薦でいいか、外部を受験するかについて、特に本人が定まってなかったのですが。
これについては、年末の東進の模試の結果と、それをどう判断するかという点について、兄と話しました。

あくまでも現時点では、兄は外部受験する価値のある成績をあげています。
要するに今後本人がやる気になるかどうかだけだったのですが。

話の結果、明言はしなかったものの、受験という方向に本人が傾いたと感じます。
どうもこれまで自分の客観的な位置がわからず判断できなかっただけのようです。
自分が(より上位の大学に)行けそうなポジションにいると数字的に出てきていると知り、本人が前向きになったと感じます。

「受かりそうだから頑張る」というのもまあ現金なものですがw、何であれ要は本人がやる気になればOKです。

しかし今回話して、とにかく兄の大学受験情報の貧弱さには父もびっくりだよ。
大学付属校なのでそこらへんの情報が学校からあまり提供されないのでしょうが(友達とも話さないでしょう)、私立の理系入試には国語も社会もいらないとか、そういうレベルから知らない。
模試の結果も、見方わかってないんだもん。。。。

このページのトップヘ