特段ふだんと変わらず、ユルユルと入試に臨んでいる兄。

これまでに私立の併願で、まあ滑り止めの位置づけの大学を2校受け終わりました。
いずれも本人的には問題なしの感触ではあったようす。

もっとも模試と違って、こればっかりは相手があることなので、周囲の受験生の得点が高ければ自分がいくら出来たといってもね、、、
まあ想定程度には取れていたようなので、一安心かな。。。

つかそんなことより、2校目の受験の前夜になって

兄「あれ時計がない」

共通テストの前に買った腕時計が見当たらないと。
もうキミ寝る時間なんですけど。。。

最初の大学の入試の際にはちゃんとあったが、、どうやらどこかで落としたらしい。
家中さがしても見当たらず。

実は父も含め、家族はもう誰も腕時計なんてものをしていません。
貸してやろうにも無いし。。。
(スマホが普及して無くなったモノは多いですが、腕時計もそうですよね)

もう試験会場に時計があることを祈って寝よう、とあきらめかけた時、

妹ちゃん「これ見つけた」

と、だいぶ昔に買ったG-Shockをどこからか見つけてきました。

兄「懐かしいなオイ」

これ小学生の頃に何かの必要で買った奴じゃないっけ? 中学受験だったか?

幸いこの時計はボタン電池ではなくソーラーバッテリで、光に一晩中あててたら問題なく動きました。

兄は、別に時計が無いなら無いでいいけど、とか言ってましたが、些細な事ですが心理的に安心感が違ってくるので、これはよかったです。

実は、コンビニには1000円程度で腕時計を売ってます。
今度同じようなことがあったら(ありそう)、それでもいいかも。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

スポンサードリンク