まだ年賀状という風習は根強く残っており、枚数はだいぶ少なくなったものの、正月にはウチにも届きます。

営業的なものを除けば、一番多いのは妹ちゃん宛のもの。
妹ちゃんは毎年、年賀状に凝ったイラストを描いて送るのですが、このイラストが友達に人気のようで、これを目的に妹ちゃんに年賀状を送ってくる勢がいるらしい。

そんな中、毎年送ってくる近所の一家からは今年も来ました。
(しまった送ってない。。。。)
その家族には兄と同年の男子がいて、二人は保育園の時から仲が良く、小学生の頃は家族ぐるみでの付き合いでした。

その後、中高と離れているので、子供同士も今はもうほとんど付き合いはないようです。
親もほどんど交流はなくなってます。

こんかい、年賀状のお礼がわりにw、嫁がLINEで連絡してみたところ、当然子供の受験の話になり、、、(実は嫁同士も仲がよかった)
その子はいくつか兄と同じ大学を受験するらしいことが判明。

どうやらお互い「第一志望」は異なっているものの、滑り止めで何校か重なってる。

つーことは、ひょっとしてまた同じ学校に通うなんてことになるかもしれません。
そうなったら面白いと周囲は無責任に思ったりしますが、それはつまり第一志望に落ちたって事で、双方とも避けたい事態ですねw


そういえば父も、小学校のときに仲のよかった男子と大学構内で再開するということがあったのを思い出しました。
父が入学したのは滑り止めの大学で、父より成績のよかった彼にとってもたぶん不本意な大学だったはずです。
お互い第一志望に落ちてきてるんだというのが察せられ、しかしそう口には出さず、微妙な雰囲気になったのを思い出しました。。。

2人にはそうならないで欲しいですw

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

スポンサードリンク