先日、妹ちゃんの担任との面談がZOOMであり、嫁が話したのですが。。

もうね散々な言われよう?で、恐縮しっぱなしだったらしい。。。

成績が奮わないので厳しい指摘は覚悟してましたが、どうもあまり課題宿題の提出状況もよくないらしい。。。

事後、普段ならブチギレしそうな嫁が、つとめて冷静に妹ちゃんと話していた姿が逆に怖い、、、


さて、嫁の一見穏やかでしかし要領を得ない話(内心は冷静さを欠いていたと思われる。。。)が終わって、父が妹ちゃんと話しました。。

課題に関しては、本人に聞いてみると、少なくとも提出しなければならない宿題課題の類は大抵やってる。
というより、そもそも課題がそんなに出ない。
そもそも母数が小さいので1回忘れると目立つということらしい。

なので問題は学業成績だ。

これに先立ち妹ちゃんは先生との面談で、もう毎日3時間以上勉強しなさいと言われていたとのこと。
聞いていないぞそんな話、というよりそもそも毎日3時間以上やってないよね今。

まあ3時間というのは目安なのでしょうが、一方で妹ちゃんは全然勉強してないのかというとそんなことはない。
少なくとも毎日机にむかって教科書なり問題集なりを開いています。

勉強の仕方にちょっと言いたいことはあるものの(苦手な数学物理ばっかりやって、他の教科が明らかに留守になってるとか)、毎日サボってるわけではない。

むしろ努力が結果に現れていない。
うーん、これはもう特定の科目に関しては「独力ではどうにもならない」状態でしょう。
その余波で、それまで問題のなかった科目に悪影響が出てきてる。

嫁はもう塾に通わせた方がいいと言い、実際担任も「一人で難しいなら塾も視野に」的な事もほのめかしたらしい。。

中学の頃までは、1、2科目なら父が教えて成績を引き上げるということもできましたが。
高1になってそういうのは現実的に無理です。

兄は高2になってから今の塾に通いはじめており、妹ちゃんも基本的には同じようにする予定でした。
ただちょっと前倒しで考えていかないといけないかもしれない。
また兄は受験対策のためでしたが、妹ちゃんは特定科目の補習塾的なものになるかも知れん。。。

また妹ちゃんは、そもそも優等生というわけではありませんでしたが、現在のように不穏なほどの成績の低迷は中3の3学期あたりから始まってます。
その辺、何かあったのかもちょっと気にした方がいいかもしれない。。。

今年は兄が大学受験なせいで、両親とも妹ちゃんへの注意が足りてない感じはあったので、そこらへんも反省点ですね。。。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

スポンサードリンク