新しく管内閣がスタートしました。
別にさほど興味もあるわけでないニュースなのですが、テレビを見ていて菅新首相の顔が非常に柔和であることに意外な感じを受けています。

つか自民党総裁選に勝ったあたりから(つまり総理大臣就任が確定的になってから)、なんか表情の印象が変わってます。

官房長官時代は、例のいけすかない感じのw、無愛想で無礼な表情や言動が印象的でしたが、それがすごくリラックスしたというか、悪くいえばニヤケた感じになってる。

もう政府の「顔」なわけで、表情なども意識的に考えているのでしょう。
ただなんというか、やっぱ政治家は「総理大臣」になりたいもんなんだなと思いましたね。
彼のような実務一本槍な印象のベテランでさえ喜びが顔に出ちゃってる。

東北のさほど豊かでない農家出身だそうで、これは大出世です。
前首相の突然の辞任で転がり込んできた地位とはいえ、予期せぬ幸運にちょっと興奮しちゃった印象がありますねww

なんか素朴に「あきらめかけてた夢が偶然に叶っちゃった」みたいな感じに見えました。

スタンドプレーが得意ではなさそうだし、そもそも首相として派手なリーダーシップを見せられる人でもなさそうです。
むしろ「裏側」での能力を発揮してきた人ですよね。

バブルが弾けてからこっち、日本の首相は「リーダーらしい外見と所作」が求められてます。
そういうのに適応する準備は、菅首相にはできていないでしょう。

そういう意味ではおそらく短命に終わりますが、多分本人もそれは分かってそう。
その上で、やっぱ自民党総裁、総理大臣の席に座れることを無邪気に喜んでるふうだったのは、やはり彼も「夢」を抱いて政界に臨んだ若い頃があったんだな、などと思わせます。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

スポンサードリンク