実は嫁は妹ちゃんの学校の教育方針?に多少の不信感を持っているようで、時々文句を言ってます。

特に兄の学校と比べてそう感じるらしい。
比較的保守的と思われる兄の学校と比べると、妹ちゃんの学校の「目新しいモノに手を出す」傾向が気に入らないようです。

むろん中学受験前に、すでにこの学校の「先進的な取り組み」はわかっていたわけですが、、、
聞くとやるとでは違うというか、言うほどバラ色じゃないよなそりゃ、というのは父も感じてますが。

ただ問題(と父が感じる)なのは、学校や教師への文句を妹ちゃんに言ってしまう事です。
結構キツイ表現や、それは単に悪口では?というのが混じる場合がある。

妹ちゃんにしてみれば自分の先生なり学校なわけで、他人に悪口を言われるのは不愉快でしょう。

むろん妹ちゃんにしたって普通に先生の文句を言ったりしてますがw、いわばそれは「自分の先生」だからです。
友達との会話では先生の悪口など言いたい放題でしょうたぶん。
いうても高校生なわけで、そりゃ学校や教師の批判をしたい年頃ですよw

ただ親がそれに乗っかって一緒に悪口をいうのはどうか?

これは考え方の違いがありそうです。
嫁は子供と「友達のような」関係を保ちたいと思ってるフシがあります。
(嫁と嫁の母親の関係も、ハタから見るとそんな感じだった)

これは女子同士だから可能な気もします。
父と娘が「友達のような」関係になるのはハードルが高そう。。。

しかしそれとは別に、父的には「友達のような」親子関係には懐疑的です。
いうたら子供には友達など既に(学校に)いるわけです。
わざわざ一人付け足してやる必要などない。

むしろ子供にとっては親こそ他にいないわけです。
親が親という「役割」をまっとうしないと、子供はそれを他で埋められないわけです。
(学校の先生がそのかわりになる可能性はあるでしょうが)

その観点からは、親子間には一定の「線」が引かれるべきで、今回の例で言えば、親は学校/教師側にいる人間ということになりそうです。
そうでなくても、子供が信頼したがっているかもしれない相手を安易に否定すべきではないでしょう。
(むろん嫁だって軽口として言ってるわけですが。また妹ちゃんだってそれはわかってる)

まあここらへんは微妙ですね。
子供が小さいときにはこの辺でちょっとした口論になったこともありますが、妹ちゃんももう高校生で、それがわからない年でもないし。

ただ父としては、父嫁子供で話すとき、嫁が「線」の向こうにいるのが、イヤそれ違わね? という違和感も、、、。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

スポンサードリンク