妹ちゃんがまた勉強机の上に立っている。
つーことは、また探しものをしているらしいな。。。

妹ちゃんの本棚は天井まである背の高いもので、上の方を覗き込むには(椅子ではダメで)机の上に乗る必要があるのです。

学校に提出するはずの宿題のプリントが見つからんと。。。
いやキミ、そんな高いところにあるわけないでしょ。そこ滅多に触らない場所じゃん。
絶対に無い場所を探すのは時間の無駄だよ。。

つか最近とくに目に付くようになったのですが、妹ちゃんモノ失くしすぎ。
試験範囲のプリントが無いとか宿題のプリントが無いとか英文法の教科書が無いとか、、
一体どうしたら普段使いする教科書が消えるんだよ。。。

家で学校の宿題などをやる場合、どうも宿題の時間の3割くらいは実は何かを探している時間なのではないかと見えるほどです。
英語の勉強を始めるにも、まず電子辞書の電源コードを探し出すのに20分みたいな。

すごい時間のムダ!
もう社会人目線では、この非効率は生産性の観点から許せませんw
コスト意識が染み付いているニッポンの労働者たる父には耐えがたい光景です。

これは業務では無いのだからと、妹ちゃんのノンビリ(無駄)にもあまり目くじらは立てませんが、まあ高校生とは時間の感覚が違うのでしょう。

例えば兄の受験まで半年ですが、父くらいになると半年先なんて来週みたいな感覚です。
(おかしな表現ですがw)
妹ちゃんの受験だって、父的にはもうすぐそこに迫ってる感じです。

むろん高1になったばかりの本人には、受験なんて遠い未来のSFみたいな話でしょう。
自分の高校入学当初を思い出せば、実際そうだったですしね。

まあなんにしろ、彼らには彼らの感覚での時間の使い方があるわけです。

とはいえ、無駄は時間感覚がどうだろうが無駄です。
一体どれほどの勉強時間が無為に消えていったものか。。。

あるはずのモノを探す時間というのは、もう純然たる時間の無駄なので、妹ちゃんのモノの整理についてはちょっと考えたいところです。
(実は妹ちゃんの部屋は居間と繋がっており、家人のモノも多く入り込んでいて、一概に妹ちゃんの問題と言えない部分があるのです)

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ

にほんブログ村 教育ブログ 中高一貫教育へ
にほんブログ村

スポンサードリンク