兄の学校はそろそろ通常の体制に戻るようです。
しかしここ数日の東京のコロナ感染者数は徐々に増えてきており、以前の都の基準では休業要請が出る水準。。

いっぽう兄などは、これは第二波じゃね休校でいいだろなどと言っており、毎日感染者数を注視していますw

兄「もうウチの学校でクラスタ発生しねーかな」

不謹慎すぎるだろオイ。

兄は一貫校に通っていますが、よくある「高2で高3までのカリキュラムを終えて、あとは受験対策」みたいになってません。
大学の付属だからで、進学校ではないのです。ほとんどが推薦で、誰も受験などしません。

なので授業のペースも教室の雰囲気も、兄とはテンションが違うのです。
授業の内容も、兄的にはもう終えてしまった内容ばかりです。
(「正直時間の無駄」なのです)

兄が外部受験を本格的に意識したのはここ数ヶ月のことですが、それ以降、この問題はちょくちょく兄を悩ませてます。
兄はほとんど教室で孤独なわけですw 立場を同じくする生徒がいない。

実は兄が高2の時、やはり外部受験を目指している生徒がいたそうです。
(選択科目の関係か、今は一緒にならないようです)

兄「授業中も自分の勉強しかやってなくて、授業なんてまるで聞いてない」

という授業態度だったそうです(本当か?)
受験など真面目に考えてなかった当時の兄は、なんか生暖かい目で彼を見ていたようですが。

兄はまだそこまで割りきれないようですが、しかし今や彼の気持ちがわかるでしょう。
彼は非常に優秀な生徒だったのですが、こういう学校で外部受験を目指すというのはそういうことなのでしょう。。。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

スポンサードリンク