ウチの子らの学校の再開も決まったようです。
もっともまだ具体的な話は来ておらず、いつ登校するのか、どのような授業体制になるのかもこれから。

まあ「密」を避けるという意味では、一斉に全員登校ということにはならないでしょう。
教育委員会からガイドライン的なものが出るらしいので、私立もそれに倣うことになるでしょうね。

毎日ユルユル過ごしている妹ちゃんはともかく、兄はここにきて家での勉強に慣れてきたのか、かなり勉強時間をとってます。
受験生だという自覚がでできてるなコレ、、、

一定時間ごとに家の中をアチコチ移動するというノマドスタイルwも、マンネリ感の克服にはいいのかもしれません。

つかこの兄の勉強スタイル、結構板についてきたらしく、もはや学校行くのウザイとか言い出してますw
単に面倒というより、勉強の効率の観点からそう思うらしい。

兄の学校は大学の付属で、いわゆる進学校ではないので(大部分が内部推薦で大学に行く)、高3になっても受験ムードにならないようなのです。
要するに周囲の生徒のテンションが兄と違うのですよね。
高2の後半あたりから、周囲の生徒といろんな点で「話が合わない」ということが起こってきているような気がします。

ウチラ両親は正直このコロナの休校で兄の受験に危機感を持っており(考えてみればどの家庭、生徒も同じ条件ではあるのですが)、受験指導にあまり期待できない高校にチカラ入れてもな、、などと思ってしまいます。
むろん高校生活の意味は受験勉強だけではないですが、、、

受験生の親としても、この異常事態に今からちょっと焦りを感じますね。。。

スポンサードリンク