ウチラ夫婦はここ2年、子供の進路(特に兄の大学受験)について時間を取って話すため、定期的に近所の小洒落たカフェに行ってます。(通称オサレカフェ)
まあ家で話してもいいのですが、何となく気分を変えるためです。

ところが最近の自粛要請のおかげで、そのカフェもテイクアウトしかやらなくなってる。
しかもなんかピザみたいのを売ってるらしく、、、そもそもピザなんて置いてたっけあの店?

飲食店は厳しい状況が続きますが、あの場所がなくなるといろいろ困るな。。

節目節目にあの店で兄の受験の方針のチェックをし、妹ちゃんの成績に関する危機感を共有してきたので、そこに行けなくなって逆に子供の勉強に関する突っ込んだ話ができなくなってます。
(どうなんだそれは。。)

場所が変わる効果なのかもしれませんが、ウチラ夫婦も結構そこでは率直に意見を言い合えたりするのですが。。。

もっとも本当の問題は、学校が再開されず模試などもほとんど行われていないことです。
そもそも何か話そうにも、兄の現状が把握できません。
休校以降、新しい情報がないのです。
まるっきり何もなく放り出されているようです。

GWが明けて久々に出勤しましたが、周囲に何人かいる子供が大学受験を控えている親達は、いずれもこの状況に非常に焦ってました。
ウチの兄はある程度受ける大学は決まってますが、この時期にあるはずだった模試の結果で、受ける大学を判断する予定だった人もいるわけです。

いま、受験生の親はそれぞれに途方に暮れてるでしょう。
ただでさえこの世代は、数年にわたって文科省にいろいろと振り回され、挙げ句にこのありさまですからね。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

スポンサードリンク