先の休みに東進の模試があり、兄も受けてきました。
兄が言うには、今回は全体的に難しかったそうで、あまり良くないかもとのこと。

これまで兄はあまり真面目に模試を受けておらず(理系なのに理科を受けてないとか)、それなりに受けるべき科目をちゃんと受けるのは初めてです。
(スタート地点が低すぎるだろ兄。。。)

去年の終わりに受けた模試では英語の成績が非常に良く、その感覚でいったら多分今回はかなり悪い結果と感じられるんだと思います。
まあその都度生成にある程度の波はあるでしょう。中長期的に見て上がっていってればいいのです。

今回、父は聞いてもいないのに兄の方から話してきました。
多分事前に想定したより点数が低かったことがにちょっとうろたえた?のかもしれません(自分で採点してみたと思われる)。

兄は多分周囲にそういう話をする友人が少ないのでしょう。大学付属校なので、周囲に受験する生徒がほとんどいないのです。

ちょっとしたことですが、これは意外に厳しいな、などと思いました。

この時期の模試の結果など、別に一喜一憂するようなものではありませんが。
やっぱり普段接する友人たちと一緒に受験勉強をするわけではない、というのはメンタル的にハンデかもしれない。
これがあと1年続きます。

受験勉強は確かに孤独なものでしょうが、兄のこの孤独は、みんなが孤独である中で孤独であることとは違うようです。

まあ、これは予想されたことで、だからウチラ両親は東進に通わせてるのですが。
最近東進からは、もう教室に毎日来いと兄を責めていますがw、ひょっとしたらメンタル的なケアみたいな理由もあるのかもしれません。










スポンサードリンク