世間は入試シーズン真っ只中ですが、我が家ではそういう緊張感はあまりありません。

特に兄は来年の受験なのですが、特にこれといった感慨もなければ思うところもないようでw、普通に生活してます。
兄は大学付属校なので、教室内にそういう雰囲気が無いのでしょう。

兄はこないだまで、今週末にある英検を受けると思っていたのですが、実は同じタイミングで学校側でTOEICの試験があると知り、結局そっちにしています。
学校側で推奨しているのはそっちの方で、その結果は大学推薦にも参照されます。

兄はすでにこの推薦は使わず、ほぼ外部受験でいく気になりつつありますが、まあ万が一ということもあり、慎重な嫁がTOEICを推して来たのです。

今のセンター試験が今回が最後ということもあり、来年の受験の不透明さがやっぱり不安な部分があります。(兄は気にしてないようですが)
ただでさえ東京の大学は合格数を絞って来ているし、、

推薦を辞退する場合はできるだけ早く教えてくださいと学校側に言われていますが(そのぶん枠が空くわけで、他の生徒の進路に影響するから当然ですが)、兄の成績の推移を見ながら最終判断はギリギリまで後ろに引き延ばす事になりそうです。

そういえばウチの子たちの中学受験のタイミングでは、我々両親ともかなり精神的に追い詰められていた気がします。
1年後にはまたあんな思いをすることになるのか。。と思うと同時に、これが最後だという思いもあります(妹ちゃんが控えてますが)。

そう考えるといろいろと感慨深いですね。

(↑つかまだ全然終わってないぞオイ)

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

スポンサードリンク