センター試験が行われましたね。
ウチの兄は高2なので、受験まで1年を切ったことになります。

兄のセンター当日は、東進の模試は受けず、学校で数検を受けてました。
数検のほうは「問題なし」だったそうなので受かるでしょう。
(兄はこの辺、冷静に自分を見ます。)

受験情報に疎い我々家族も、兄の大学受験についてはだいたい方向が決まってきました。

内部推薦でいいか、外部を受験するかについて、特に本人が定まってなかったのですが。
これについては、年末の東進の模試の結果と、それをどう判断するかという点について、兄と話しました。

あくまでも現時点では、兄は外部受験する価値のある成績をあげています。
要するに今後本人がやる気になるかどうかだけだったのですが。

話の結果、明言はしなかったものの、受験という方向に本人が傾いたと感じます。
どうもこれまで自分の客観的な位置がわからず判断できなかっただけのようです。
自分が(より上位の大学に)行けそうなポジションにいると数字的に出てきていると知り、本人が前向きになったと感じます。

「受かりそうだから頑張る」というのもまあ現金なものですがw、何であれ要は本人がやる気になればOKです。

しかし今回話して、とにかく兄の大学受験情報の貧弱さには父もびっくりだよ。
大学付属校なのでそこらへんの情報が学校からあまり提供されないのでしょうが(友達とも話さないでしょう)、私立の理系入試には国語も社会もいらないとか、そういうレベルから知らない。
模試の結果も、見方わかってないんだもん。。。。

スポンサードリンク