帰宅してみると、玄関に見慣れぬ松葉杖がおいてある。。。

聞くと妹ちゃんので、登校時に駅だか電車だかで足をくじいたとのこと。
我慢できない痛みではなかったのでそのまま根性で学校まで行き、授業も受けた。
ただ昼前くらいにだんだん痛くなってきて、保健室に行ったら病院に行けと言われたそう。

結局嫁に迎えに来てもらい、病院へ。
そこで捻挫と診断され、松葉杖も貸してもらったと。

と、顛末を嫁に聞くと結構な大事のようなのですが。
ただ家では、妹ちゃんは杖もつかずに普通にヒョコヒョコ歩いており、もうさほど痛くないそう。湿布が効いてるか?

女子中のせいか、妹ちゃんの学校は生徒の体調に敏感です。少しでも調子が悪いとちょっとした騒ぎになります。
学校から嫁のところにかかってきた電話も、まるで大事件が起こったモードだったらしく、大慌てで仕事を抜け出した嫁は後になってブツブツ文句を言ってましたw

一方妹ちゃんは、足が痛いというのに机に向かって数学の勉強をしました。

いやこれまでの彼女の性格なら、足に怪我でもしようものならそれを理由に絶対勉強なんでしなかったものですがww、ちょっと姿勢が変わってきてます。

それはよいことですが、数学はすぐに結果がでる教科ではないでしょう。
頑張った分が結果に出てくるまでに時間がかかると、妹ちゃんがイヤになってしまうのではないかとちょっと不安です。

これも妹ちゃんは「そういう性格」だと父が思っているからですが、そういった部分もあるいは変わっているかもしれません。
彼女もだんだん成長しているし、それにつれて両親の思い込みからは少しづつずれているでしょう。
だんだん両親が知らない部分が増えてくるのです。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

スポンサードリンク