気付けば子育て後半戦(兄の大学受験編)

息子娘の大学受験が気になる父。嫁への不満は書かない予定。

2019年11月

帰宅してみると、玄関に見慣れぬ松葉杖がおいてある。。。

聞くと妹ちゃんので、登校時に駅だか電車だかで足をくじいたとのこと。
我慢できない痛みではなかったのでそのまま根性で学校まで行き、授業も受けた。
ただ昼前くらいにだんだん痛くなってきて、保健室に行ったら病院に行けと言われたそう。

結局嫁に迎えに来てもらい、病院へ。
そこで捻挫と診断され、松葉杖も貸してもらったと。

と、顛末を嫁に聞くと結構な大事のようなのですが。
ただ家では、妹ちゃんは杖もつかずに普通にヒョコヒョコ歩いており、もうさほど痛くないそう。湿布が効いてるか?

女子中のせいか、妹ちゃんの学校は生徒の体調に敏感です。少しでも調子が悪いとちょっとした騒ぎになります。
学校から嫁のところにかかってきた電話も、まるで大事件が起こったモードだったらしく、大慌てで仕事を抜け出した嫁は後になってブツブツ文句を言ってましたw

一方妹ちゃんは、足が痛いというのに机に向かって数学の勉強をしました。

いやこれまでの彼女の性格なら、足に怪我でもしようものならそれを理由に絶対勉強なんでしなかったものですがww、ちょっと姿勢が変わってきてます。

それはよいことですが、数学はすぐに結果がでる教科ではないでしょう。
頑張った分が結果に出てくるまでに時間がかかると、妹ちゃんがイヤになってしまうのではないかとちょっと不安です。

これも妹ちゃんは「そういう性格」だと父が思っているからですが、そういった部分もあるいは変わっているかもしれません。
彼女もだんだん成長しているし、それにつれて両親の思い込みからは少しづつずれているでしょう。
だんだん両親が知らない部分が増えてくるのです。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

妹ちゃんの学校は、あと2週間くらいで期末テストだそうです。
(兄もその頃のはずですが、本人に聞いても時期を把握していません。。。。。そういうとこだぞ)

あと2週間とか、父的にはこないだ中間試験が終わったばっかりじゃん、という感じです。
ただ自分の中高生の頃を思い出してみれば、1週間とかがすごく長かったですよね。
妹ちゃん的には、中間試験などもう遠い過去でしょうし、期末試験もだいぶ未来の話なのでしょう。

しかし大人にとってみれば、2週間などあっという間です。
嫁など、まだ試験勉強を始めないの?とカリカリしてますw

この大人と子供の時間感覚の差は、大人としては意識しておかないと忘れてしまいがちですね。
父的にも、子供時間でものを考えるようにとかなり意識してます。
そうでないと子供は矢継ぎ早にアレコレ指図される感じになります。
実際「こんな先から勉強したって試験の時になったら忘れてる」とか思ってるでしょうw

しかし親からしてみたら、考えるべき事柄ややるべきタスクが数ヶ月先までいっぱいある。
兄はもう高2なので、大学受験はもう目の前(親感覚)です。
あー時間がない。

よく子育て、受験ブログで、のんびりとかゆったりとかゆるふわな感じのノリのがありますが(母親が多いのかな?)あれ本当?
あなたたち本当におだやかでゆったりした時間を過ごしてます??

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

もはやどこへ行こうとしているのか不安になってきた大学共通テストですが、なんかニュースとかを見ていると、事前に試験問題が民間業者(ベネッセね)に渡されるんだとか。
まあ採点の関係でしょう。採点者は複数いるのでそこらへんの意識合わせ的なものに必要なのでしょう。

待てよ、ということはそれを事前にうまく入手できれば、、、、

...それはともかく、ちょっと問題ですよね。
赤ペン先生(?)は事前に問題を入手できることになります。
試験問題は従来、かなり厳重に管理され、本当に限られた人しかアクセスできないものでしたが、過去のそのような気の使い方はいったい何だったのでしょう?

一連の報道では、前文科相?は民間業者をこの共通テストに押し込みたくて仕方ないようですが、ちょっと無理を通そうとしすぎてます。
記述問題の採点にどうしても人手が必要になり、ならベネッセの赤ペン先生でどうよ、って話なのでしょうが。。
(※実際には赤ペン先生ではなく、そこらへんのアルバイト学生が採点するようです)

先日Yahooのニュースに、AIが偏差値64を叩き出したってのがありました。
もうAIに採点させたらいいんじゃね?
数行程度の文章の評価くらいもうできるでしょうに。。

それでも東大とか目指してる子にしてみれば、偏差値64に採点されるのは屈辱かもww

最近また兄が嫁の本棚を物色しています。
三島などを手に取っているので、嫁が「金閣寺」読んだ? なら「仮面の告白」はどうよ? などと兄に食いついていますw

ちなみに「金閣寺」は言葉が難しすぎ意味がわからず(確かにそうね)、「仮面の告白」は三島の自伝的小説なので、

「いやオマエがなにしようがオレには関係ないしいちいち読む意味がわからない」

と昭和の文豪をオマエ呼ばわりしつつ退けています。

嫁は読む本が偏っており、日本の近代文学の他はほとんどミステリしかありません。
で、兄がミステリだの推理小説だのに全く興味がない。
なので明治から昭和の文豪さん達の小説を読んだりしています。

兄は趣味で本を読むということがないようで、読むときはヒマだから読んでるという感じです。
たぶん世の中にどんな本があるかもそんなに知らない。

考えてみれば、今の子は書店に行くという経験も少ないのでしょうね。
なにしろ街中から書店がどんどん消えてますから。

ネット上の大量で安価な情報が、いわゆる読書体験の代替になる可能性は、たぶん可能性で終わるでしょう。
永遠に「いつかそうなる」と言われつづけ、その日は来ないと考えた方が良さそうです。

兄がしばしば嫁の本棚の前に立つのは、単に夜9時以降はスマホが禁止されていて、自室で時間を潰す方法が他にないからです。

もう高2なので今更「子供に読書習慣を」「読書する子は成績がいい」などどうでもいいです(もう手遅れw)。
ただ読書する楽しみ、みたいのは知って欲しいかも。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

最近妹ちゃんはマジメに数学の勉強をやっており、しばらく二次関数をやってたのに引き続き、この前から三角関数のページを開いています。

三角関数はわからない人にはそれをやる意味からわからない、というものですよね。
橋下元大阪府知事が「サインコサインだの役に立たない」と言い放ったものですが、中学数学でも最難関でしょう。

と思っていたら、やはり理系の兄を引っ張ってきて説明させていましたw
この兄、以前は妹ちゃんに「説明されても全然わからない」と避けられていたのですがw、背に腹は替えられなくなったか?

そんな兄はというと、先日、学校に進路希望調査を提出しています。
兄の高校は大学の付属校なので、要するに推薦先学部の希望調査です。
いくつか希望学部を挙げ、生徒本人が希望動機や理由を記入するものなので、基本親はノータッチなのですが。。

提出の際に親のサインが要るので、その際にチラと見ると、、、
なんか希望学部に平気で文系学部と理系学部が混在しているのはいいのだろうか?
ふつう理系の生徒は理系学部を希望するもんだよなあ。。

まああくまで希望ではあるものの、マジメにやれと言われそうな気がするのだが、、、

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

このページのトップヘ