妹ちゃんの中間試験の結果はほぼ返ってきており、、
けっこう本人的に頑張ってたはずの数学ですが、期待通りとはいきませんでした。。
(平均点に到達しなかった)

もっとも聞くと学年の平均点が50点行かなかったようで、相当に難しい問題だったよう。
妹ちゃんの学校にはたまに試験の平均点が異様に低いことがあり、父的にはちょっと不信感を持っています。

不信感というか、教師が生徒の学力水準や理解度を正しく把握できていないのではないか?という疑念です。
難しすぎる問題は、簡単過ぎる問題と同様に、生徒の学力を計るのにほとんど意味がありません。
難しい問題を解かせたからといって理解が深まる訳でもありません。
実際妹ちゃんもプリプリしてました。「難し過ぎるんだよ」とかw
まあ自信を失くしてやる気までなくなるよりはいいですね。

あと理科が良くなく、社会が良く、国語はまだ返ってませんがおそらく良い。
で、今回は英語が過去と比べても良かったので、なんつーか文系女子って感じの結果に。

父的には英語の成績が上がって来ているのが安心です。
春先までは本当にヒドイ状態でしたが、父も多少首を突っ込み勉強してきた成果が出てきているのだとしたら心強い。
本人は調子に乗りやすい性格なので、このままジリジリ成績を上げていけば、英語の勉強も積極的にするようになると思うのですが。。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村