嫁がどこからか持ってきた東進のお試し券(なんか体験入塾できるらしい)を手に、息子に通塾を迫っている。

そもそも塾に通わせることは大分前から考えており、高2目前となったこのタイミングでこのタダ券っすよ。
意気込んで申し込みサイトをブラウザで開いていたが、どうも息子は乗り気じゃない。
つか本人的には受験に関する意欲などまるでなく、内部進学でいんじゃね別にって態度があからさまに出てる。(大学付属高なのです)


実際のところ、学力的には上の学校を十分狙える状態で、嫁的には受験させたいのです。父としてもアリかなとは思ってました。
つか担任の先生が何よりそう思っているらしく、先の三者面談では息子だけ1時間半wを超える時間をかけアツく外部受験を推奨されたらしい。塾に行けとまで言われたそうなw (いいのか教師として)

かくて嫁は担任の後ろ盾を得て全力で受験モード。塾の費用を心配しはじめてた矢先のところでした。

ところが息子、あからさまにやる気ナシ。
面談の際にも「別に大学行きたい訳じゃないし」とか言い放ち、 アツい二人にガソリンを注いでいたらしい。何してんだよ。。。

今にも申し込みフォームに入力を始めんばかりだった嫁は「自分でも少し考えてみなさい」と静かに部屋を出て行った。残った父と息子。

つか嫁あきらかに男同士の話し合いとかにスゴイ期待してる感じだよねそれ。

結局、説得役が父に回ってきて息子とちょっと話したのですが、手応えナシ。

別に積極的に受験がイヤだという訳でもない。要は本人に大学進学に関して具体的なイメージが無いのですよね。普段から意識してないから当然で、これは放っておけば勝手に上がれる付属校だからかも。

多分周囲にも真剣に外部受験を考えている同級生なんていないのでしょう。
その状況で(いわば孤独に)受験勉強を続けられるか? というのも不安。

なんか難しいです。そもそも何故大学に行くのかという、えっそこから? 的な展開になりそう。

息子の時から入試制度が変わるのですが、親も実はそこらへんの情報のキャッチアップが全くできてない。
親子ともダメダメじゃんこれ。。。。




スポンサードリンク