気付けば子育て後半戦(兄の大学受験編)

息子娘の大学受験が気になる父。嫁への不満は書かない予定。

〜徐々に迫ってきた長男の大学受験と、中学妹の成績低迷にうろたえる父の日々〜

なんかちょっと前から悪寒がする。
オレの周囲に(家庭・職場環境的に)風邪やインフルに罹ってるひとはいないし、これは通勤電車でうつされたか?

こういう状態だと触れたくないニュースだが、コロナウィルスじゃね? そういえば地下鉄に中国人旅行者とか見かけるな、、とか、などと妄想が。
兄も先日、通っている東進の教室の付近?で、コロナウイルスの感染者が確認されたとかいうニュースを聞き、嬉々として

「東進行ってる場合じゃなくね? オレ行かんわ」

と両親に訴えていましたが、結局行きました。
(最近兄は自分を「良い意味で口だけで実行しない男」と言ってるww)

しかし中学受験のこの大切な時期にこんなのが流行するなんて、受験生の親は気が気じゃないでしょう。
しばらく沈静化は先のようですしね。。。

しかしそんなことより父の悪寒の正体が新型肺炎でないかどうかが目下の問題。
熱っぽいだけでセキとかはでてないが。。。

今週末あたりから東京の中学受験本番ですね。
父などはかつての兄、妹の中受を思い出し胃が痛くなる感じですよ。。。
特に妹ちゃんはギリギリな感じの受験だったので、精神的にかなり追い詰められました。
受かって良かった。。

当然ウチの子らの学校も、この受験期間中は休みです。
ちょっと前魔でこりゃラッキーなどと言っていましたが、兄のほうはどうも試験の手伝いに駆り出されるそうで、日曜も学校に行くことに、、、
クジに外れた(当たった?)らしい。

確かに当時を思い出せば、試験会場には在校生とおぼしき礼儀正しい生徒たちがいましたね。
あの役か。
たしか去年は妹ちゃんもこの役をやってたはず。

ウチの子らの受験が終わって、もう中学受験情報など見向きもしなくなってしまったので、今年はどんな様子なのかも知りませんが。

保護者も相当に緊張している時期でしょう。
よく中受は「親の受験」と言われますが、実際、親としての取り組みの成果?が厳しく問われるかのように感じたのを覚えていますよ。

ただ我が家に関して言えば、兄は第一志望を落ちて今の学校に進みましたが、結果的に良かったと感じています。
そういうこともあるので、あまり自分を追い詰めず、、、、と言っても無理ですよね当事者には。。。


妹ちゃんは最近、自分から勉強や宿題を始めるようになっています。
以前は両親に何か言われてから始めていたのですが、さすがに危機感が出てきたか?

宿題はともかく、自分でやる勉強はほとんどが数学とたまに英語。他を一切やってないような気がするのはどうしたものか。。?

先日は英語の宿題でライティングの課題が出ていました。
特定のトピックについて、自分の考えなりを英語で書くものです。
短いレポートのような形式にまとめなければいけないらしい。

先日出た課題は、欧州での差別問題についてで、ネットやテレビでニュースにもになってたものでした。
とはいえ妹ちゃんはそんな問題はよく知らないのでw、まずスマホでその概要を調べます。

その後英文を書いていくわけですが、なんかスマホ手放さないな。。。

「スマホや電子辞書を利用して書くって宿題だから」

おおIT教育、ググって答えがわかるような問題など最近の意識高い教師は出さないのでしょう。
、、、つかキミそれってgoogle翻訳では?

「スマホ使って書いていいって言われてるし」

いや日本語で文章考えて、それを翻訳サイトでまるごと英文にしてるけど、先生はそんなスマホの利用まで想定してないような気がしますよ、、、、
スマホで調べろって多分そういう意味じゃないと思う、、、

妹ちゃんは上機嫌で宿題を終えましたが、中学生にはどうやったって書けそうにない難しい英単語と複雑な英文を見て、先生がなんと言うか今からコワイんですけど。。。

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

このページのトップヘ