気付けば子育て後半戦(兄の大学受験編)

息子娘の大学受験が気になる父。嫁への不満は書かない予定。

〜徐々に迫ってきた長男の大学受験と、中学妹の成績低迷にうろたえる父の日々〜

コロナウィルスの感染拡大が止まらないですね。
世界的にもそうですが、全然平気だと思っていた日本でも、心なしか感染者数の増加ペースが上がってるような。。。。

東京五輪の延期/中止が不可避な状況に小池都知事もキレ気味でしたがw、、、個人的にはこんなに長期にわたって大事になるとは思ってませんでしたよ。

新学期は一応予定通りに開始されそうですが、、、
ウチの近所には小学校があり(ウチの子供達が通ってた学校)、その周囲には多くの桜が植えてあって、毎年入学式の頃に満開状態になります。

なので桜をバックに我が子の入学の写真を撮ろうと、保護者達が車道にまではみ出し車に轢かれそうになるというのが毎年の風物詩?なのですが。
参加出来る保護者の数も制限されるかもしれませんし、もっと残念なことになるかも。
これほど桜が咲いているのに。

妹ちゃんは今年が中学の卒業です。
一貫校なので別段の感慨も無く、卒業式的なイベントが流れたことも特に気にしていません。
ただ公立中に行った友達は卒業式はどうなっているのだろう?

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

先日久しぶりに兄は学校に行ってきました。
3学期の成績とか新学期の教科書とかを受け取りに行ったのです。

この休み中に生活がダラけている兄は髪が伸び放題で、頭髪検査に厳しい学校のチェックに引っかかるかと思いましたが無事でした。
(普段だったら絶対アウトなレベル)
もっとも新学期までこのままとはいきません。トコヤも濃厚接触的な感じですが、、、そんな言い訳が通用するか?

また成績のほかに学校で受けた駿台模試の結果も返ってきました。

これがどういう訳か、兄が勘違いして新学期まで遊び惚けてしまいそうなくらいの好成績。
東進の模試ではもう少し厳しい結果が出ることが多いのですが、こっちでは志望校の偏差値を余裕で超えてる。

いよいよ受験に向けて悲愴な覚悟を決めていたウチラ両親も、拍子抜けしてしまうような感じです。

あれ、意外にイケるんじゃね? 楽勝?(←皮算用)

みたいな。
いや確かにこの結果を見せられて油断せずにいる自信がない。。。

いろいろネットで調べてみると、確かに東進の模試は比較的難易度が高いようです。
その分厳しい結果が出ていたのかもしれない。

まあ模試は塾ごとに個性があり、また結果もかなり異なって出るようです。
どこが正解ということもなく、要するに目安にすぎません。
あまり浮かれずに。。。

むしろ兄がこれで気分良くなって受験勉強に更にやる気を出してくれればOKです。

先日地元駅付近で買い物があり、ふらふら歩いていたら、、、ここにも東進ハイスクールの教室がある。
兄は東進に通っていますが、最寄のこの教室ではありません。
兄が通学に使う路線の途中駅の教室に通っています。

別に教室の評判がどうのということではなく、単にその方が学校帰りに通いやすいのではないかと嫁が考えたのです。
単に途中の駅で降りればいいからです。
地元の東進は駅の反対側にあるので、疲れた日などは教室に背を向けそのまま家に帰ってきそうな場所なのです。。
(そんな日はそれこそ途中下車などせず家に直帰するのでは? とも思うのですが、、)

あと、たぶん地元の教室だと(小学校時代の)顔見知りの友達と一緒になって勉強に身が入らないかも、とか気を回したのかもしれません。

まあ父的には知らない駅で降りて、、ってのも気分転換になっていいのではと考え、別に反対はしませんでした。
本人も別に気にしてないようでした。

が、長期休みになってみると、当たり前ですが学校も無いのにわざわざ地下鉄に乗り教室まで通わないといけません。

兄「時間のムダ感がスゴイんだけど」

確かに、、、、

ただでさえ3年になって日曜休日も教室に行く機会が増えるでしょうし(これまでは休日はあの手この手で避けてた)、先のこと考えてなかったなー。。。

このページのトップヘ