気付けば子育て後半戦(兄の大学受験編)

息子娘の大学受験が気になる父。嫁への不満は書かない予定。

〜徐々に迫ってきた長男の大学受験と、中学妹の成績低迷にうろたえる父の日々〜

先日、妹ちゃんがぽつりと
「英検受けよっかな。。。」
と言い出しました。

勉強嫌いでしかも特に英語嫌いのアナタが一体どうしたの熱でもあるの?

よく話を聞いてみると、どうも英検3級を受けたい様子。
なんでも以前、学校側で英検の団体受験があり、クラスメートの多くはそこで3級を受験していたらしい。
で、妹ちゃんはというと、それに申し込み忘れたらしいです。
(嫁がそういうのを見逃すはずがないので、たぶん妹ちゃんが学校のプリントを渡し忘れてると思われます。。)

すでに周囲の友達の多くが合格しており、自分だけが取り残された気分になってるようです。
もともとあまり英語が得意じゃない彼女は、この置いてかれ感がとても心細い様子。

調べると6月2日が次回検定日のようですが、そこのタイミングでは学校の団体受験はないかもしれません。少なくとも現時点で学校からの案内は来ていない。

本人的には一刻も早くみんなに追いつきたいのでしょう。
そのタイミングで個人受験することにしました。

とはいえ彼女の英語の実力は甚だ心許なく、父が協力することにしてます。
妹ちゃんは自分が勉強してるのに口をだされるのを嫌がるのですが(まあ誰でもそうでしょうが)、今回は妙に素直です。

学年末テストの悲惨な成績で、本人に危機感が出てきてる様子。
クラス内でも生徒の間の差が目に見えるようになってきたのかも知れません。

そういった意味でも今はチャンス! 
3級の勉強にかこつけて、少なくとも英語に関して苦手意識を持たないところまで持っていこうと思ってます。
春休み中はとりあえず教科書に出てきた単語は全部憶えさせることに。
(え? むしろ憶えてないの?)

スタートが地点が低いのでw、ある程度までは早々に結果が出るかもしれません。
とりあえず3年生のうちに学年で真ん中より上にいくぞ!

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

そういえば今年は、毎年行ってた家族でのスキー旅行に行かずじまいでした。
父が年末以降無駄に忙しく、他の家族と時間が合わなかったのです。

再来年は兄の大学受験なのでスキーどころじゃないだろうし(ひょっとしたら受験後に行けるかな。受かってたら、、)、来年は是非に行きたいところ。

北海道出身の父以外はみんなスキーはド素人なのですが いつも面白いのは、家族で滑ってると妹ちゃんがとにかく先頭に行きたがるところw
転ぼうが何しようが、とにかく先頭を滑ってさえいれば楽しいらしい。

運動嫌いの出無精でスキー旅行も最初はブーブー言ってるのですが、これはそういう性格なのでしょう。
(兄はそこそこ滑れるようになってきたのですが、妹を追い抜かさないようにしてますw)

彼女は小さい頃から、「先生」「お姉さん」「リーダー」系列の存在に憧れがあるらしく(自分は末っ子なのに)、そのように振る舞えると機嫌がいいです。

なので小学生の頃はクラス委員とかやっており、また成績もよかったので周囲の子に勉強を教えていたりしてました。
そういう役割が好きというか、そういう自分が好きなのですよね。

振り返って今、中学になってからは、成績的には半分より下です。教科によっては上位に顔を出すものもあるのですが、トータルにはむしろ劣等生に近い。

成績が良くないということ自体より、あるべき自己像と掛け離れた自分という現実が、彼女のモチベーションを奪ってるのではないかと最近考えるようになりました。

実はこれは中学受験の際に嫁と議論になった事です。
妹はたぶん地元の公立中に進めば、3年間優等生ですごせる。
私立の一貫校で別に特別じゃない自分として過ごすより、3年後、6年後には妹ちゃんは伸びてるのではないか?

まあ、いまさら言っても仕方ないことですが。
本人も望んでの私立進学だったのだし、実際ずいぶんと仲の良い友達もできたし、、、

ただ、放っておかけないのも確かなので、ちょっと何か考える予定です。

↓ブログ村に登録しました

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

春から高2になる兄の塾は、通いやすいという立地の観点から東進ハイスクールが有望。
あとは本人がしばらく通ってみて感触を見るという感じです。

それに先立ち、兄と嫁と塾側で三者面談があり、入塾テスト?の結果もを踏まえた話をしてきています。
テストの際に志望大学を記載したようで、何も考えていなかった兄は東大だの適当に書いてきたのですが、数学だけ東大A判定が出ており!オイ何だマジか的な展開に。
(他の教科では東大なんて無理だやめとけ的な結果なので、変な勘違いをしないようにしよう。。)

嫁的には塾はどこでも同じでしょ通いやすいし東進でいい、的な感じ。
すでに費用の計算をしている。

懸案事項だった一人でのパソコン授業といったところで、実際には他の受験生とのミーティングみたいのは定期的にあるので、孤独に勉強するという環境では無いらしいです。

兄は中学受験の時には日能研に通ってましたが、周囲との競争をゲーム感覚で楽しんでた印象があります。
日能研ではテストごとに成績順に席順やクラスが変わり、それが明らかに本人のモチベーションになってました。
今もそういう(男子小学生っぽい?)性格が兄に残ってるかはわかりませんが、少なくとも父としてはそういう環境こそ塾に求めてるんですよね。
大学の付属校にいるので、周囲が受験モードの競争的な環境にならないと、本人もたぶん勉強に身が入らない。そもそも受験への意欲がそう高くない兄なので。。

一方で、外部受験をするということは、大学への推薦を蹴ることを意味します。
先日、今年の大学入試の結果が出揃いましたが、特に首都圏私立は全体的に難化が顕著だったようすね。
この状況で、せっかくの推薦枠を捨てるのは、、、、という逡巡もあります。
(外部受験するには推薦を辞退する必要がある)

嫁は前のめりですが、、、

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
にほんブログ村



このページのトップヘ